2012年04月14日

キリスト教の歴史(私見)

イエスが処刑されて、その直後の「使徒」たちの時代からローマ帝国から国教として公認されるまでの
原始キリスト教の時代、キリスト教は、激しい弾圧、迫害を受け、多くの殉教者をだしながらも
発展を続けていった。

この時代は、キリスト教は非常に健全でまともだった。

皮肉にも、ローマ帝国から国教として公認されて以降、なにやら怪しい方向に行き始めた。

狡猾な人間達に利用され始めたのだ。

その後の中世のローマ教皇庁の、腐敗や堕落、十字軍の侵略、免罪符、聖職売買、異端審問、魔女狩り、拷問などその反社会的な行為は、枚挙に暇がない。

それ以降も、近世のスペイン、ポルトガル、近代のイギリス、フランスを始めとする欧米列強の
世界各地への侵略、植民地化の尖兵として利用されてきた。

イエスが死んでから、300年以上たって、まとめられた「〈新約)聖書」は、教会側の都合のよい
ように、編集、改竄が加えられている。
(ただ、部分的にはイエスが語ったこと、その精神も残されていると思われる。その部分が
 多くの人々の心を打つのだ。)

本来は、アジアの宗教であるキリスト教、
(イエスはユダヤ人、パレスチナ人なので、アジア人、アラブ系の人である。絵画で白人のように描かれているのは、本当はおかしい。キリスト教は世界宗教なので、
イエスが何人であろうと関係ないかもしれないが。)

白人、ヨーロッパ人たちがおかしくしてしまったのだ。


posted by サムライ007 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。