2012年03月18日

宮沢賢治と法華経、仏教

3月11日の東北大震災より、1年後、犠牲者を追悼して

鶴見にある、曹洞宗、総本山、総持寺において、追悼式典が行われました。

特別講演で、宗教学者の山折 哲雄 さんの特別講演も行われました。

その中で、

宮沢賢治と法華経、仏教との関係との関係にも触れ、

宮沢賢治と言う人は、

宗教、科学、芸術、教育などを全てを一体化した思想を持って活動していたということで、

宮沢賢治に対して、初めてこのような視点を持つことが出来ました。

賢治の本を読んでみたくなりました。


posted by サムライ007 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三輪有子学長と本来の日本人
Excerpt: きのうは、3月11日でした。   あの震災から1年がたちましたが、今も震災が残した課題に私たちは取り組んでいます。   そしてあの事故からも…。 &n..
Weblog: 三輪有子学長のサムライ・スピリッツ
Tracked: 2012-03-19 01:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。