2012年02月04日

東郷神社にて

つい先日の話。




朝、原宿にある、東郷神社の前を通りかかったとき、近くにある幼稚園の園児達が幼稚園の先生
につれられて、いっせいに「神様、今日もありがとうございます」と頭を下げていた。




かわいらしくて、とてもほほえましい光景だと思ったのだが、




この「神様」というのは、正確に考えれば、東郷平八郎のことだ。

東郷平八郎は、旧帝国海軍の軍人で、日露戦争での日本海海戦でロシアの
バルチック艦隊に対して大勝利を収め、死後「軍神」として、東郷神社に祭られた人物である。


戦前は、同じように乃木神社にまつられた、乃木希典ともに、世界でもっとも有名な日本人であり、
日本で最も尊敬された人物でもあった。


司馬遼太郎の「坂の上の雲」にも登場するので、ご存知の方も結構いると思う。


「軍神」に幼稚園児達が、挨拶をすることが、ちょっと不思議に感じましたが、



東郷平八郎という人は、堅苦しい人ではなく、ずいぶんと冗談もいう、砕けたところも多分にある
ひとだったらしいので、まあ、別に気にもしないのかなとも、思ったりしました。



posted by サムライ007 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。