2011年06月08日

「子供たちを放射能(放射線)から守る会」の勉強会

子供たちの体の不調をうったえていませんか?
鼻血、下痢など・・・

ご参加いただいた方や、お子様づれのお母様も
そのような症状をお話になっていました。

放射能(放射線)からお子様を守るためにご参加してみませんか?

子供たちを放射能(放射線)から守る勉強会
子供達を放射能(放射線)から守ろう!


幼い子ほど、体に入った放射能による、
ガンや白血病の進行の度合いは早まります。
チェルノブイリ周辺では、事故の5〜10年後に、
小児甲状腺ガンの発症が約100倍になりました。
大人でも5倍以上です。

放射能は目に見えないため、
ごまかされやすいですが、5月26日の「特ダネ」(フジテレビ)で
「放射能から子どもたちを守れ!」の特集が組まれたように、
多くの方が「何かおかしいと」、気付いているようです。

放射能の影響で起こる主要な症状

鼻水が止まらない、 だるい 吐き気
下痢    胃の調子が悪い  鼻血が出る
背中辺りが重い  頭痛   おでき

チェルノブイリと同じことが、日本でも起きています。
周知のとおり、東京もかなり汚染されています

子どもや周りを守れるのは、正しい知識と対策だけです。

『放射能」は体内に、累積する性質があります。
あなたや、ご家族に上記のような症状がある場合、
早めの対処が必要です。

勉強会では、今回の原発事故に関する正確な知識を伝えます。
チェルノブイリでも用いられた、放射能汚染を除去することの出来る、
最新テクノロジーのご紹介もします。

輝ける未来のためにも、ぜひ、この勉強会にご参加してみてください。
放射能の真実についてが、わかります。

放射能(放射線)対策のサプリメント(ビタミン剤)に
ついても触れますので、ご参加下さい。

開催日時 06/19(日) 13:00 〜 14:30
受付開始 12:30
会場 ヴァリアントスクールオブビジネス
参加費 1,000円
住所 東京都港区西麻布1-8-9バルビゾン40−8F
アクセス 都営大江戸線、日比谷線徒歩7分
posted by サムライ007 at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
放射能についてすごい気になってます。
最近は、喉が痛いけどいろんな風邪薬を飲んでも
治らないとよく聞きますが、やはり放射線の
影響が大きいんでしょうか。
Posted by やま at 2011年12月27日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。