2012年09月03日

東條由布子さんについて、 (学長 三輪有子 Valiant School of Business

東條由布子さんについて、 (学長 三輪有子 Valiant School of Business
テーマ:日本

以前、私たちのスクールで東條由布子さんをお招きして講演会を行ったことがあります。2009年の8月、巷では、選挙が行われていて、各地で自民党からの候補者たちが落選、
民主党政権が誕生する前夜のことです。
三輪有子学長は「民主党政権が誕生したら、日本はめちゃくちゃになる」といい、
われわれは、民主党に票を投じないようにと反対活動をしておりました。

実は、この時点では、民主党がそこまで悪いとは、ピンときていない部分もありました。
自民党があまりに情けなかったということもありました。
(後で、本当に民主党はひどいということはいやと言うほど、思い知らされましたよね。

東條由布子さんは、ご存知のとおり、東條英機元首相の孫に当たる方です。








その方から、本当の日本の歴史つい聞くことができ、
また、南方で戦死したまま、遺骨が日本に戻ってこれていないでいる遺骨を
回収して、日本で埋葬している活動を有志のかたがたとしていることも聞きました。

民主党やサヨクの連中は、絶対にこのようなこと行わないでしょう。

保守思想こそが、真の日本人が持つべき最高の考えです。






posted by サムライ007 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の歴史観について考えたこと

パル判事について、記事を書き続けてきました、

パル判事の主張には、ほぼ全面的に同意しております。




そこで戦争と日本の歴史観についての私が思ったことを書かせていただきます。







東京裁判で、日本が侵略戦争を行ったということで、日本の指導者たちが裁かれました。




しかし、それではなぜ、帝国主義でアジア、アフリカ

世界各国を侵略し、植民地として支配していた

アメリカ、イギリス、フランスなどの欧米列強諸国の指導者たちは、《侵略戦争を犯した罪》で裁かれなかったのでしょうか?




また、ソ連およびそのトップにいたスターリンは

大粛清で自国民数百万を虐殺、処刑し、

1千万人以上の人々をシベリアへおくりました。

ポーランドなど東欧諸国でも虐殺をおこない、




さらに、日ソ中立条約を一方的に破り、満州に侵攻

強姦、略奪、虐殺を行い、数え切れぬ人々をシベリアへと連れ去っていきました。




ヒトラーやナチスすら上回るほどの極悪非道のかぎりをつくしましたが、




ソ連とスターリンは戦後、裁かれるどころか、

世界の指導者、指導国として君臨し、国際連合安全保障理事会の常任理事国にもなりました。




21世紀の現在もソ連を継承したロシアが常任理事国の地位を保持し続けています。




また、アメリカは、広島、長崎への原子爆弾投下、一般市民の無差別大量虐殺という




人類史上最高最大の、戦争犯罪をおかしましたが、




逆に日本などを裁く立場になっていました。







これらは、いったいなぜなのでしょうか?




どう考えても、不可思議に感じられ、理屈が通らないような気がしてなりません。




が、結局は次の答えが導き出されてくることになりました。




アメリカ、ソ連、イギリスなどは戦争に勝ち、日本、ドイツは負けた。




これ以外の理屈、論理は一切ないでしょう。




確かに、世界中の歴史は

勝てば官軍、負ければ賊軍の論理で進んできた

のは確かだと思います。




しかし、後世に生きる現代の人間たちまでもが、

当時の勝った人間たちに都合よく作られた

歴史観にいつまでも、縛られ続けているのは

どうなのでしょうか?




全日本人が正しい歴史認識にめざめる、その日がくることを切に願います。

posted by サムライ007 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。