2012年01月25日

二宮金次郎像 撤去相次ぐ 「児童の教育方針にそぐわない」 あほか!! 二宮金次郎像 撤去相次ぐ 「児童の教育方針にそぐわない」 あほか!! 二宮金次郎像 撤去相次ぐ 「児童の教育方針にそぐわない」 あほか!! 二宮金次郎像 撤去相次ぐ 「児童の教育方針にそぐわない」 あほか!! 二宮金次郎像撤去にかんして

二宮金次郎(尊徳)の像が、各地で撤去されているらしい。




教師や保護者の中には、「児童の教育方針にそぐわない」

「歩きながら本を読むのは危険」などと




まったくばかげた発言をしている人たちもいるらしい。




子供のときから、働きながら学び続けた二宮金次郎の精神は、大切である。




経営者、松下幸之助なども、子供のときから働きながら、学んでいた。




外国の例をあげると、かのリンカーンも少年時代から農場で働いていた




子供のときから、働く姿勢を持たせることは非常に大切だ。




働くことを子供のときから、学ばなかった人たちは、成長して

ニート、引きこもりになり、

家庭内暴力、最悪のばあい、自殺、無差別通り魔殺人などを引き起こしている。








左翼思想の持ち主達にとっては、子供の労働=悪、虐待




という図式なのだろうが、




二宮は貧しい境遇を、自分の創意と努力で乗り越えて、自力で生きていく力を身につけ、成功し、やがては多くの農村の建て直しを行った。




二宮金次郎の精神は、現代の教育に求められています。









posted by サムライ007 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。